えみままの子育て日記

アラフォー主婦、息子の6つの習い事を中心とした子育てブログです。

【2018年の手帳】私の手帳へのこだわり

スポンサーリンク

先日、2018年の手帳を買いに、東急ハンズに行ってきました。

毎年、手帳は普段の持ち歩き用と保存用の2冊を購入しています。

では、早速私が購入した手帳をご紹介します。

LACONIC 仕事計画 A5M

f:id:emimamablog:20171013181735j:plain

ラコニックの手帳は保存用として数年前から購入しています。

週間バーチカル見開きタイプや月間見開きタイプ

ハードカバーや合皮でゴム付きのカバーなど、ラコニックの手帳は種類も豊富です。

普段用の手帳はぎっしり書き込むので、あとで見ると確定したスケジュールがわかりにくいため2冊に分けています。

私が選んだ手帳は、マンスリータイプです。

パイナップル柄もあり、どちらにするか迷いましたが、チェリー柄を購入しました。

f:id:emimamablog:20171013182149j:plain

【商品の特徴】

●2017年9月から2018年12月までです。

●A5サイズのマンスリー。

●軽くて持ち運びに便利です。

●主に月間予定表と後ろの数ページはノート欄というシンプルな手帳です。

●付属として、年間カレンダー・イヤープラン・路線図・年齢早見表・パーソナルデータ

透明のビニールカバーで、中をあけると、このようになっています。

f:id:emimamablog:20171013182432j:plain

年間予定表です。

f:id:emimamablog:20171013182731j:plain

FRONTIA 手帳 マンスリー ボタニカルアート A5 ピンク

f:id:emimamablog:20171013183106j:plain

私がFRONTIAの手帳を初めて購入したのは、熱海にある、

アカオハーブ&ローズガーデンの中にあるお土産売場です。

ハーブ工房があり、バスソルト作りなどの体験ができます。

いいところなので、機会があったら行ってみてくださいね!

その後、気に入って毎年FRONTIAの手帳を使い続けています。

f:id:emimamablog:20171013183239j:plain

【商品の特徴】

絵柄の種類がいくつかあり、小さめのサイズもあります。

若いときだったら、選ばなかったであろう花柄のデザインですが、使いやすく気に入ってます。

FRONTIAのお気に入りポイントは、このデザインがうまく表現できないですが、

数字と色のバランスなのか、見やすいのです。
それから、紙質が良く、書きやすいことです。

●ヨーロッパで活躍中のデザイナーが描くモダンな花々の手帳。

●日曜始まり、六曜入り。

●2017年12月から2018年3月までの16ヶ月使えます。

●こちらも、ラコニックのように、月間予定表と後ろのページはノート欄というシンプルな手帳です。

●付録ページは記念日控え・年齢早見表・ヘルスチェック表・時差表・パーソナルデータ

透明のビニールカバーです。中を開けると、今年の目標が書けるようになっています。

f:id:emimamablog:20171013183839j:plain

年間カレンダーです。

f:id:emimamablog:20171013184115j:plain

年間予定表です。

f:id:emimamablog:20171013184610j:plain

ショップリストです。

f:id:emimamablog:20171013184319j:plain

私が手帳を選ぶポイント

①マンスリータイプであること

過去に様々なタイプの手帳を使ってきましたが、月間予定表を見ながら、

月間の予定を立てていくのが自分の中でベストな方法だからです。

月間予定表の後ろに週間予定表があるタイプも使ってみましたが、あまり使うことがなかったので、月間予定表だけあれば私の場合はいいかなと思っています。

1ヶ月の予定が一目瞭然、見やすいので、マンスリータイプの手帳を選んでいます。

使い方は、右にあるメモ欄に、月のTODOリストを書き、実行したら日付を記入します。

日々のTODOは月間予定表のブロックに、□のチェックボックスと行動リストを記入し、実行したらレ点をつけています。

これをやるようになったのは最近、私が忘れっぽくなったからです。

②A5サイズ

サイズは小さめなもののほうが持ち運びがしやすいですが、沢山書き込むので書くスペースが広いほうがいいので、A5サイズにしています。

③薄くて軽い

常に持ち歩くのでなるべく薄くて軽いものを選びます。

まとめ

スマホでスケジュール管理をしたこともありましたが、私はやはり、書くのが好きなのです。また、手帳に戻りました。日記も書いています。

書くことによって、頭の整理もできますし、アナログ派なので、これからも手帳を使います!

過去に手帳にハマり、ほぼ日手帳など、色々試したことがあるので、続きの記事を書きます。