えみままの子育て日記

アラフォー主婦、息子の6つの習い事を中心とした子育てブログです。

子どもに異変を感じたらすぐに病院に行くべきだと思った、ともに感じる病院選びの重要さ

スポンサーリンク

息子の中耳炎

一昨日の夜中に、息子が急に耳が痛いと泣き出しました。痛み止めを飲ませてなんとか、眠りにつきました。

翌日、いつも通っている耳鼻咽喉科は夏休みでお休みのため、別の耳鼻咽喉科に息子を連れて行きました。

診察の結果、私の予想通り、中耳炎でした。

しかも、少し悪化していまい、あまりよくない状態とのこと。

そう言えば、耳鼻科に行く3日前に、息子が耳の聞こえ方がなんか変だと言っていて、鼻水も出ていたのです。

私は、息子が大丈夫だと言うし、痛みがあるわけではなかったようなので、様子をみることにしたのですが、このとき、すでに中耳炎になっていたんですよね。

あとになってから、すぐに病院に連れて行けば良かったと後悔しました。

息子は幼稚園の課外授業のプールに行くようになってから、中耳炎にかかりやすくなりました。

いつも、お世話になっている耳鼻科では、症状がなくても耳、鼻、喉は必ず診てくれます。息子は先生に鼻や耳を診てもうらうとき、いつもすごく痛がります。

先生もぶっきらぼうな感じで少し怖くて私も実は苦手なのですが、的確な診断で腕がいいのでずっとお世話になっています。

ところが、昨日初めて行った耳鼻科の先生のところは全く痛くなかったとのこと。

先生も優しく、痛くない。

息子はいつもの先生のところより、今日のところに通いたいと言います。

そりゃ、子供にしてみたら、痛くないところのほうがいいに決まってます。

処方してもらう薬も1週間分といつもお世話になっている耳鼻科より、多く処方してもらえました。

病院によって全然違うんですよねー 今後どうするか、悩みどころです。いつも通っているところは家から近いですし。

薬が効いて痛みもとれたようで良かったですが、たいしたことなさそうにみえても、いつもと違う様子があったら早く病院に行ったほうがいいなと強く感じました。

子供の歯医者のお話(病院選びの大切さ)

息子が幼稚園に入園するまで、片道、車で3時間かかる小児歯科に通っていました。

きっかけは、息子は3歳くらいまではやんちゃな性格で、暴れて仕上げ磨きをなかなかさせてもらえませんでした。

困り果て、はみがきの指導をしてもらおうと近所の小児歯科に息子を連れて行ったのですが、私が納得できるようなはみがきの指導方法は教えてもらえませんでした。

そこで、どこかいいところはないかと探し、遠いのですが、私がいいなと思った先生がいる、片道3時間の歯医者に通うことにしたのです。

まず、親子で「ミュースタン菌検査」を受けました。

口中が虫歯になりやすい環境であるか調べる検査です。結果は親子とも陰性。

ということは、しっかり歯磨きをしていれば、虫歯にはなりにくいわけです。

そして、診察してもらうと、前歯に小さな虫歯があったのです。

よく見ないとわからないくらいですが、よく見たら確認できました。

ちゃんと磨けなかったから出来てしまったようで、ちょっとショックを受けました。

まだ、このとき2歳くらいで、治療するのは難しいので。

虫歯の進行を遅らせる治療をしました。お薬を塗るだけの治療です。

そして、その後、驚くことに、保健センターや他の小児歯科で、歯の検診を受けましたが、虫歯はないと診断されたのです。

えー 先生、虫歯ありますよ。と思いました。

そうです、そんなにきちんと診てくれてないのです。

きちんとした先生に診てもらわないと、虫歯があっても見逃されて進行してしまうかもしれないと思いました。

おかげさまで、虫歯はその後進行せず、幼稚園入園後に治療も無事に終わりました。

幼稚園に入園してからは、さすがに遠くて通えなくなりましたが、その先生のところに息子を連れて行って良かったと思っています。

仕上げ磨きができるように私が試したこと

●こどもちゃれんじのはみがきミラー

●お店屋さんごっこ

歯医者さんごっこ、効果ありました。最初は子供の好きなお買い物ごっこをやります。

息子の場合は、車好きなので、クルマを買うお買い物ごっこです。

そのあと、目的である歯医者さんごっこをやります。子供ってごっこ遊びが好きなんですよね。

当時はうまくいかなくて、かなり悩みましたけど、現在お悩みの方、いつかはちゃんと仕上げ磨きさせてくれる日がきます。