えみままの子育て日記

アラフォー主婦、息子の6つの習い事を中心とした子育てブログです。

そろばん教室に通い始め、感じた子供のしつけのこと、ご褒美作戦をやめました!

スポンサーリンク

f:id:emimamablog:20170809105416p:plain

現在、年長になる息子は6つの習い事をしています。

その習い事の中で、

幼児教室のドラキッズとめばえ教室は幼稚園のお友達がいるし、好きなので喜んで行きます。

ヤマハ音楽教室も嫌がることはない。

スイミングは年少から始めましたが、最初はすごく嫌がって毎回泣く、慣れるまで大変でしたが、幼稚園の課外授業のため、周りは幼稚園のお友達しかいないので、今は楽しく通っています。

英語も最初は泣きましたが、最近は慣れたので、もう大丈夫。

問題はそろばんです。

お友達もいなくて、そろばんをやることが好きではない。

2017年6月からそろばん教室に通い始めましたが、教室に行くのを泣いて嫌がるので、ついつい、ご褒美作戦始動!

そろばん、頑張ったら、お菓子を買ってあげる、好きなゲームをやっていいよ。

と最近まで、そろばん教室の授業が終わったら、ご褒美をあげるということをやってきました。

ご褒美をあげると言えば、言うことを聞いてくれるので、私も楽だし、週一回ぐらいならいいかと思ってやっていました。

すると、宿題やったら、お菓子買ってくれるんでしょ!って思われてしまい、エレクトーンの練習するからゲームやりたいとかいろいろなことを言うようになってしまった!

そうです、ご褒美もらえるから、頑張るみたいな感じになってしまったのです。

さすがに、このままではマズイなーと思い、ご褒美作戦はやめることにしました。

そろばんの宿題は量が多いです。

早くやらなきゃと思い、親がやらせようすると、集中力が続かないんです

1ページやっただけで、もう疲れたと言います。やる気が出ない。

でも、自分からそろばんをやると言った時は、何ページでもやる

わからない問題があって、つまづいてる時、かなり進んだので、この続きは明日にしようか?と息子に声をかけると、いや、まだやると言って続きをやります。

そう言えば、自分が子供のとき、勉強しなさいと言われたことはありませんでしたが、お手伝いしなさいとか言われるとすごく嫌だったことを思い出しました。

やりなさいと言われるとやりたくなくなる。

子供に「やらなくていいよ」と言うと、お子さんによっては、逆にやりたくなって、効果があるのかもしれないですね。

私は、息子がわからない問題があったとき、すぐに口出しはしないようにしています。

自分で考えさせるようにしています。

問題の答えが間違っていても何も言いません。

以前、習い事の宿題をやっていて、それ、答えが違うよと息子に指摘したら、怒り出し、そろばんやドラキッズの宿題をやることをやめてしまうことが何回かありました。

ウチの息子はプライドが高いので、人に指摘されるのが嫌なのです。

そのままにしても、先生が間違いを指摘してくれますので、間違っていることに本人もそこで気づきます。気づいてやり直しますし、先生に何か言われても怒ることはありません。

宿題の答えが全問正解でなくてもいいのです。余計なことを言うのはやめました。

そろばん教室に通い始めて2ヶ月、私も学習しました。

1.今はただ、ひたすら、見守る、

2.息子に教えてと言われたときだけ教える

横で、そろばんをやっているところを見ていると、そろばんは、たしざん九九の早見表を見ながらやるのですが、表には番号が書いてあり、1番でやってできなかったら、2番の方法でやってみる、それでもだめなら、3番.4番とやってみて答えを出します。

息子は自分で考えて問題を解いています。

親が教えるのは簡単です。でも、それをやってしまうと、自分で考えないようになってしまう。

口出ししたくなっても、我慢してます。

それは、自分で考え、行動する人間になってほしいから。

私は、大事なことは、自分の意志でやることだと考えています。

宿題は子供にやりなさいと言うのではなく、そろばんの宿題やる?どうする?と言って自分で決めさせる。やれと言われるといやだけど、やる?って聞かれたら結構やってくれます。

もし、やらなくても自分からやるというまで待つ。

宿題をやっていない状態で、そろばん教室に行ったこともあります。

このときは、宿題をやっていないので、先生に怒られる!どうしよう。と言っていました。

やらなければいけないという気持ちはあるようです。

宿題をやらないと、先に進みません、子供も先に進みたいので、最近では自分からやると言い出します。

子供によって性格が違います。

誰かがいいよと言っていたやり方が自分の子供でうまくいくとは限りません。その子供に合ったやり方を試行錯誤しながら見つけて、子どもと一緒に成長していきましょう。

考え方を変えたら、私も楽になりました。

今のところうまくいってます。