えみままの子育て日記

アラフォー主婦、息子の6つの習い事を中心とした子育てブログです。

年長の息子、いくつもの英語教室を体験し、私が選んだのはECC外語学院キッズコースでした

スポンサーリンク

f:id:emimamablog:20170701120602p:plain

現在年長の息子は、2017年の4月から、ECC外語学院のこども英会話コース(1歳半から小学6年生)に通っています。
息子は年中・年長を対象としたコースで外国人講師による、50分/週1回のレッスンを受講しています。

息子の英語教室(幼児クラス)の体験

ECC外語学院への入会を決める前に、年中時に、4つの英会話教室の体験に行きました。

〈一つ目〉AEON KIDS(イーオン こども英会話)

1歳から6歳児限定「おためし英会話」4回で3,500円で体験できるレッスンを受講しました。
おためし英会話は週1回で4回、実際のクラスで体験できるというものです。実際のクラスなので、どんなお友達がそのクラスにいるかわかるので安心できます。
8回(週2回・1ヶ月)7,000円のコースもありました。

◼︎体験内容

実際のレッスンで当日使用する教材のコピーを使い、レッスンに参加します。体験時の教材のテーマは「キッチンにあるもの」でした。SALADA、SOUP、LOBSTERなどのイラストや単語の書かれたカードを使って単語を覚えていきます。教材の冷蔵庫の中にSARADAなどのシールを貼ったりするようなワークをやりました。
身近な場面設定で、英語表現を覚えます。

〈二つ目〉ECC外語学院 キッズクラス

通常レッスンの見学はできますが、(といってもガラス越しに外からの見学です。)レッスンの体験はできなかったので、年中、年長を対象にした「わくわくKIDS知育」という夏季集中レッスンを受講しました。

夏季集中レッスンは夏休みの間に行われます。平日は全3日間、土日集中コースもあります。
50分/1レッスン 受講料は7,500円ですが、なかよし割という制度があり、2人以上で同時に夏季集中レッスンを申し込むと、全員が受講料の半額(3,750円)で受けられるというものです。
私もこのなかよし割の特典を利用し、お友達と一緒に受講しました。

◼︎体験内容

通常のレッスンとは違うことをやります。おはじきのようなもの使い、1から10までの数字をゲームを通して触れたり、縄の長さを比べるワークをやりました。このワークが息子には難しかったみたいです。単語の意味がわからなかったようで、2回目の体験レッスンに行くのを嫌がりました。この頃から、英会話教室に行くのを泣いて嫌がるようになりました(泣)

〈三つ目〉2歳のときに通っていた英会話教室です。

当時通っていたコースは、0歳から3歳までを対象にした、親子で参加するレッスンでした。息子が体験したクラスは3歳から9歳を対象にしたコースで、幼稚園児が全て一緒に学ぶクラスです。
外国人講師と日本人講師の2名体制で、外国人講師のレッスンは隔週になります。

◼︎体験内容

フォニックスで発音練習したり、単語カードを使用したレッスンでした。毎月テーマがあり、体験時は海の中の生き物で、魚の絵を描いたりするワークをしました。

〈四つ目〉プリスクールのSaturdayコース(幼児クラス)

サタデーコースでは、土曜日の10:00〜15:00まで、5時間のレッスンがあります。
アートクラフトをしたり、絵本のリーディングにも力を入れているようです。

◼︎体験内容

20分位のプチ体験のレッスンでした。アルファベットのおもちゃで遊びながら英語に触れたり、英語の歌に合わせて踊ったり、楽しく学ぶことができました。

私がECC外語学院への入会を決めた理由

①入学金無料、授業料10%オフ

主人が「ラフォーレ倶楽部」の会員で入学金免除、授業料10%oOFFの特典があったのです。
英会話教室では、他にイーオンも対象でした。

ECC外語学院では、企業優待制度という制度があります

企業優待制度とは、勤務している会社がECCの企業割引契約制度に法人として加入登録している場合、入学金免除や学費割引特典が適応される、大変お得な制度なのです。
パナソニック株式会社、ダイハツ工業株式会社など、1,000社以上の企業が加入しているそうです。

他にも、福利厚生各クラブも、ECC企業優待制度が適応されます。

●WELBOX

●えらべる倶楽部

●クラブオフアライアンス

●ハマふれんど(横浜市勤労福祉会館)

●ベネフィットステーション

●ライフサポート倶楽部

●ラフォーレ倶楽部

人材派遣会社に登録し、お勤めの場合も適用されるそうです。
ECC外語学院に入会をお考えの方は、お得な制度なので、入会する前に該当するかどうか調べてみてくださいね!

②無料の駐車場があり、子どもを預けている間に時間が潰せるところがある

ショッピングモールの中なので、買い物ができやお茶するところがあります。

③毎週、外国人講師のレッスンが受けられる

2歳のときに通っていた教室は隔週だったので、毎週外国人講師のレッスンを受けられるところを、条件に探していました。

④レベルに合わせた、年齢別のコースがある

以前通っていた教室が幼稚園児が全て一緒で、レッスン内容も難しく感じました。年長の長く通っている子供たちとレベルが違いすぎました。この失敗があったので、できれば初めて学ぶ子どもたちと一緒にスタートできるコースが理想ですが、レッスン内容が難しくなくて、同じレベルの子供たちと一緒に学べるところにしようと決めていました。

⑤大手だという安心感

実績もあり、安心できます。

私が体験した他の英会話教室を選ばなかった理由

《イーオン》

駐車場がないのと、通常レッスンに参加したので、よく、わかりましたが、クラスのお友達が騒ぐタイプの男の子がいたこと、全体的に落ち着いてレッスンを受けられるような環境ではありませんでした。
周りの環境も大事だと思います。

曜日が変われば、先生や周りのお友達が違うので、自分の子どもに合った教室を探すといいと思います。

《プリスクール》

レッスン時間が5時間で、間にお昼の休憩時間がありますが、他の英会話教室よりも英語に触れる時間が長いのが魅力に感じました。

すごくいいなと思いましたが、プリスクールなので授業料も高いです。例え、英語に触れる時間が長くても、1週間に1回のレッスンなので、英語で会話ができるようにはならないなと思い、入会はやめることにしました。

《2歳のときに通っていた教室》

⚫︎レッスンのコースが年齢別ではなかったこと

⚫︎外国人講師が隔週であること

⚫︎All Englishではないこと

以前通っていた英語教室が日本人講師の方が付くので、日本語をレッスン中に話すのが気になっていました。

まとめ(私が体験を通して感じたこと)

これまで、ヤマハ英語教室、ECCジュニア、セイハ英語学院、ベネッセこども英語教室、小学館の英語教室イーゴラボなど、たくさんの英語教室の体験に行きました。

その中で私が感じたことは、日本人講師と外国人講師の発音にかなり差があること、私が知らないだけで、すごくいいなと思う英語教室があるのかもしれませんが、レッスン内容はどこも大差がないということです。

それならば、通いやすい場所を選ぶのがいいと思いました。夏季集中レッスン受講後、来年度のレッスン内容などの説明を受け、まだ早いですが、入会手続きをしたのです。

以前はレッスンの振替が取れることを入会の条件にしていましたが、現在、他の習い事で振替が取れるところはスイミングくらいで、振替がとれることに、あまりこだわらなくてもいいと思うようになりました。

ECC外語学院は講師が毎年、変わってしまうようなので、そこが少し気になりました。講師もアメリカ、オーストラリアと国も異なります。
ですが、様々な講師と触れ合うことが子供にとってプラスになると、いいように考えることにしました。

ECC外語学院は講師の質も高いと思いますし、現在は特に、ECC外語学院に対しての不満はありません。ECCキッズクラスに通うことに決めたことを後悔はしてないです。

次回は初回の授業やプレゼンテーションのお話をしたいと思います。